医療事故をなくすために、期待されている事

Posted in   北海道

薬剤師の業務において、リスクマネジメントの目標をきちんと定める事はとても大切です。
医療機関で勤務している薬剤師さんは、職場で薬剤師業務においての最優先注意事項である、調剤事故をゼロとする、調剤過誤をゼロとする、調剤ミスをゼロとする、この3項目の周知徹底がはかられているでしょう。
北海道で薬剤師求人を出している医療機関は、基本的に上記「調剤3ゼロ」を職場内で周知徹底しています。
なぜ薬剤師の業務において、リスクマネジメントが重要視されるのでしょうか。
それはご存知のように医薬品は服用量を間違えてしまうと人体に悪影響を与えてしまうからです。
従来でも病院勤務の薬剤師には抗がん剤や麻酔薬といった高いレベルでの安全管理が要求される医薬品を日常業務で扱っていますが、今後厚生労働省が進めている医薬分業制度が進められると、院外処方でも抗がん剤のような高いレベルでの安全管理が要求される医薬品を取り扱うようになるでしょう。
医療事故をなくすために、薬剤師に期待されている事は大きいのです。